スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つむじ

tsumuji_20090930130528.jpg

フェレットのつむじです。
去年の7月に☆に。

この子は本当に可愛い子でした。
体が大きくて(おでぶで)、ふかふかで、
今でもさわり心地を覚えています。

そしてなにより、とっても気の優しい子。

そんなつむじ、赤ちゃんの頃は、どんでもない悪ガキでした。
小さい頃から、デブマッチョな体型だったので、力は半端なく、
噛まれると、巨大ホチキスでバッツリとめられる感じ

お姉ちゃんフェレットたちもホトホトお世話に疲れきっていて、
仕方なく(?)遊び相手に弟の壮太を迎えたところ、
あっという間にお兄ちゃんに変身。
巨大ホチキスもそれ以来一度もなく、
お姉ちゃんフェレットたちの首根っこをハミハミすることもなくなり、
面倒見がよく、甘えんぼの壮太に、いつも、ヨレヨレになるまで耳を吸われていました。

本当に気の優しい、
つむじ、って名前が良く似合う、
かわいい子でした。

晩年は、いろいろな病気を抱え、
巨大食道症でうまくごはんを食べられなくなり、
肺炎で呼吸困難になって、つらい最期でしたが、
最期までがんばってごはんも食べようとして、
心配かけないように、と親孝行な子でした。

071216-05_20090930133953.jpg

今でもビョンビョンして元気一杯な茉莉と一緒に。
あー、このおなかをもう一度もしゃもしゃしたいなぁ・・・


スポンサーサイト

つむじ

9月1日、つむじの四十九日でした。

080625-12_20080909100730.jpg

面倒見の良いお兄ちゃんだったつむじは、
病気を抱えている壮太や、
ひとりになってしまった、臆病な茉莉を心配しているかも・・・

080623-13.jpg

つむじを荼毘は、仕事の都合などで、
『友引』の日でした。

よく、友を連れて行ってしまう なんて言われているし、
(元々はそんな意味合いはないらしい。)
それでなくても壮太も病気で、
いつも一緒だったつむじがいなくなれば、
がっかりして弱ってしまうかもしれないし・・なんて考えましたが、

つむじに限って、壮太や茉莉を連れて行くことはないと
自信が持てました(笑)
本当に優しい子だったので・・・。

080620-21_20080909101945.jpg
つむじ、これからもよろしくね!弟妹を見守ってね

つむじのphotoback

『ドーニとタリと卓とカイ』で知った
photobackつむじ写真集を作ってみました。

080802-01.jpg
赤ちゃんの頃から去年まで。

一番お気に入りのページはここ(笑)
080802-02.jpg
                『ごはん命!』

とっても気に入ったので、
もう1冊、今年最後の年の分も作ろうと思います!
IGBのも作ろうかな~♪

つむじ 【7月18日】

080619-31_20080722154356.jpg

つむじは7月15日未明に天国へ旅立ちました。
5歳と8ヶ月でした。

最期は、毎日闘った吐き気と比べればとても穏やかでした。
つむじの顔もあんまりにも穏やかで、
寝てるのではないかと本気で胸の動きを何度も確認しました。

副腎腫瘍が発見された2007年1月13日から
1年半、本当に良くがんばってくれました。

18日に荼毘に。
仲の良かった鈴やチロと同じ場所で見送りました。

今はその鈴とチロの隣に戻ってきましたが、
どうにも信じられないような、、実感のない状態です。

つむじに関しては、
病名がはっきりしなかったこともあり、
疑問に思うことや、納得できないこと、
無念さや、何よりつむじへの申し訳ない気持ちで
なかなか気持ちに整理がつきませんが・・・

つむじは、優しくて、明るくて、面白い子だったので、
あんまり暗ーい日記は良くないな、ということで、
つむじ運送の動画をどうぞ!
今頃天国で食べまくってるかな
みなさんありがとうございました!




つむじ、良くがんばったね。
本当はもっと長生きできたかもしれないのに、
何もしてあげられなくて、ごめんね。
みんなのお兄ちゃん役で、大変だったよね。
ありがとね。かわいいつむじ。

つむじ闘病記 【7月14日】

14日、

昨晩、3時頃にホメオパシーをとって、
落ち着いて寝たつむじ、
朝も少し落ち着いていたので、
ごはんを。

やはりまた同じような吐き気があったので、
昨晩と同じレメディをとらせました。
昨日と同じで眠りについたので、

本当は朝一で病院へ行く予定だったのですが、
少し眠らせてから、
10時頃に病院へ向かいました。

080714-01.jpg



続きを読む

つむじ闘病記 【7月13日】

前日の夜から続いた発作の様な吐き気、
一晩中でしたが、朝になって少し落ち着き、
病院へ。

出発する前に、
a/d缶とミルクを混ぜたものを少し食べさせたこともあってか、
少し意識がはっきりしていました。
が、基本的にはぐったり。
落ち着いていられない感じがあり、
苦しくても、昨日の夜のように転げまわる元気もなく疲れているという感じでした。



続きを読む

つむじ闘病記 【7月12日】

12日、

朝から食欲があまり無く、こんな感じ。

食べたいけど、気持ちが悪いのか・・・
いつもはこんなんではなく、
ガッツガツ食べるんですが。

夜いつもごはんの前に薬を飲ませるのですが・・・

 薬はおいしいミルク(ウォルサム免疫サポートorカケシア)
 に溶いてシリンジで与えています。
 このミルクは大好きなので、
 食欲がなくなって、いよいよという時にも備えて
 常備してあるものなのですが、

それほどの嗜好性なので、
この日のように、食欲が無くても、
お薬は飲みました。

そこから具合が急変。



続きを読む

つむじ闘病記 【7月15日】

080620-24.jpg


つむじ、急なのですが、
今朝4時に天国へ行きました。
5歳と8ヶ月、最期まで強くて優しい子でした。

つむじは去年の1月に副腎腫瘍がみつかり、
開腹したものの、摘出困難でそのまま閉じ、
その後、合併症と思われる病気や、
そうでない病気まで、いくつも出てきましたが、
1年半も本当に良くがんばってくれました。

ここ1ヶ月は吐き気に悩まされ、
ごはん命のつむじなのに、
食べるたびに吐き気と痛みに襲われました。
フェレットなんて、少しくらい噛むのは当たり前なのに、
そんなに苦しくても痛くても、絶対に噛んだりもせず、

亡くなる日も少しだけどご飯も食べて、、
最後のおしっこまでわざわざトイレに行ってして、、
いい子すぎて少し辛かったです。

最期は呼吸が苦しくなったので、辛そうでしたが、
毎日食後に吐いていた時の方が辛そうでした。

ほんとに寝てるじゃないかと、
なんども胸の動きを確認してしまうほどの穏やかさです。


病気のつむじを気にかけてくださった方、
ありがとうございました。

10日からの変化も、この後書いておこうと思います。
しばらくつむじの記事が続きますが、ご了承を・・・

つむじ闘病記 【7月10日】

080710-02.jpg


前回、お薬が変わってから、
(腸を動かし、吐き気を抑えるもの)
例のつまったような吐き気の症状が軽くなり、
吐き気があっても、30分も続くこともなく、
5分ほどで治まることが多くなりました。

ただ、全体的に元気がなく、食欲も減りました。。
スプーンで口の前に持っていくと
ようやく食べ始めるという感じ。

食べムラがあるため、下痢になることも時々。

今回の診察では、右副腎の腫瘍が大きくなっているとのこと。
脇のところを触ればすぐに分かるようになっていました。
急激な変化なので、やはり心配が。

血液検査
  ・Glu 99 mg/dl (68-115)
  ・BUN 28 mg/dl (11-27)
  ・GPT 63 IU/L (10-170)
  ・PCV 28%

貧血。。。
腫瘍に血液を取られてしまっているか、
ホルモン分泌をする副腎の腫瘍のため、
♀ホルモンの分泌が多すぎて、
骨髄に負担がかかりの造血機能に影響がでてきているのかも
とのことでした。

まずは血液の元となる、
ビタミンBの強化、
その後ホルモン注射などを検討していくという方針だそうです。

今日は注射もしてもらい、
5日後に再診。
080620-21.jpg
つむじの大元の病気はやっぱりこれなんだね。。

つむじとおせんべ

つむじの食欲は赤ちゃんの頃から大変なものがありました。。

この日も私のバッグの中を物色・・・
080701-05.jpg
つ 『おせんべみつけたっ!!』
080701-06.jpg
あーあ、破いちゃったよ。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。