スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つむじ 闘病記 2007前半

2007年 前半
tsumuji.jpg

つむじ、2007年前半の闘病記です。


【1月13日】
いつも病院はワクチンとフィラリアのお薬をもらいに行くだけだったが、
この日は右副腎の腫れがみつかる

ホルモン異常によるものと思われる症状
 ・かゆみ
 ・脱毛
 ・体臭
 ・おしっこが出にくい

2週間に1度病院へ通い、経過をチェック。

060101tsumuji.jpg

【1月27日】
【2月10日】
急激に大きくなったり、
大きな変化はないようなので、月一の検診に。

tsumusoumatsu2007.jpg
一番右がつむじ。

【3月】
【4月14日】
特に変化なし。

【5月1日】
少し大きくなってきている。
早めに摘出してしまった方がいいだろう、ということで、
5月31日に手術の予約を取る。

【5月9日】→この日は茉莉の避妊手術の日。
右だけではなく、左も腫れてきていることが判明。
もし、ホルモン異常を引き起こしているのが
左、もしくは左右両方だった場合、
右だけ摘出しても意味がないどころか、
落ち着いている方を取ってしまうことになりかねないため、
試験開腹になるかもしれない、と言われる。

070510matsutsumu.jpg
 『まつりちゃん、帰ってきた!』 5月10日まつり退院

【5月31日】手術当日
触診にて、当初原因だと思われていた右の副腎よりも
左の方が大きくなっていることが判明。
手術を見合わせることに。
2週間に1度の検診。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://ionno1.blog111.fc2.com/tb.php/179-c4b0f9f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。