スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリースタイルのこと。

090705-i01_20090919160545.jpg
イ :  『しゅわっち!!』

11月にエントリーをしていたコンペ、
都合が悪くなってしまい、泣く泣くキャンセルしました。。。
参加のみなさま頑張ってね♪

で、最近練習なんかもほとんどできない状況なので、
あれやこれや頭だけで色々考えることが多い(笑)

最近良く考えていることなど、だらだらと。




私は中学校時代、新体操部に入っていました。

フープやボールやロープなど、
手具の操作は経験がありませんでしたが、
元々小さい頃からバレエをやっていたので、
体の動きは、難易度の高いとされる技もすぐ取り入れられました。

そんなワケで、1年の夏の大会から、
個人競技も団体競技もレギュラーで出させられた
当時はプレッシャーで泣きました(笑)

で、個人の競技でのこと。
音楽から構成から、全て自分だけで決めます。
確か、3分だったかな。
上記の通り、すぐに難易度の高い技も取り込めました。
できる技をとにかく並べて構成して大会に出ていました。

しかし。
技としては認められるんだけど、
なかなか全体的な点数が伸び悩み。。。

難しいことしてるのに、何で??と。
他の選手の演技のビデオも何度も見て研究。

そこで気が付いたのが、『流れ』

難易度の高い技も大切ですが、
その間の動き、つなぎがもっと大切で、
技を途切れ途切れに並べるのとは全然違うことが分かりました。

で、その辺を意識して、作り直し。
音楽を一から聴きなおして、何度も何度も聞いて・・・
そしたら、音から全部構成が浮かんできました。

それで一気に得点はUPするようになりました。


こないだ放送していた新体操の世界選手権?を見ていても、
素晴らしい選手や団体の構成は技が途切れることなく、
見ていて気持ちが良いほどの流れ。
だから逆に、難しいことをやっていても、
それが全面に出ていないので、簡単そうに見えたり、
難しい技が隠れていたり。


フリースタイルにそのまま当てはまるかどうかは、
私は経験が浅いので、どうだかまだ分かりませんが、
でもトリックの寄せ集めじゃ、音楽がある必要がないし、
いろんな方の演技を見ていても、
難しいことをやる人よりも、
ダンスとしてひとつ雰囲気を作っている人の演技の方が
私は好きです。
私もそんなのを目指したいな~と。


体を動かしてられないので、
代わりに口?を動かしてみました(笑)


ちなみに、私がフリースタイルの練習をしていて、
一番楽しいのは、やっぱり練習の成果が出て、
気持ちよく犬と一緒に動けた瞬間ですが、
その次に楽しいのは、誰とどの音楽でどんな演技にしようか、と
音楽を聴きながら、妄想を膨らませている時です(笑)
いつかイタグレを飼った時に使いたい曲も決まってます(爆)


スポンサーサイト
この記事へのコメント
残念だけど、さすがに無理でしたか。
しょうがない。

ところで流れの話し、正にそうですよね。
前フリしてその辺りのことを書こうと思っていたら、悪見本の動画がどっかへ行ってしまった(笑)

そしてMK9の場合はさらにストーリィ性も求められるのではないかと。 そこでそのトリックをやる必然性というがないと、ただこんなこと出来ますよになってしまいそう。
あのスクリームの演技がいい意味のお手本だと思います。
Bon(ゴエ父) | URL | 2009/09/19/Sat 22:28 [EDIT]
Bonさん
ストーリー性のある演技、私も大好きですが、
絶対に必要、ではないと私は思ってます。
そういう演出もありって程度で。
ストーリーがなくても、音楽があるので、
必然なムーブは生まれてくるのではないかと思います。

でも、1つの作品として演出するのに、
音楽からヒントを得てムーブを組み立てるよりも、
ストーリー性を持たせて組み立てる方が得意な方もいらっしゃるでしょうね。
私はそっちの妄想は未だにできたことがありません(笑)

見る側からしても、好みの問題かな、とか。

私はスクリームの方の演技も、私はどちらかと言えば、今年のCruftsでの演技の方が、私は好きですi-233
それとか、ティナハンフリーが、フリーでハードルを飛べない馬のルーティンでストーリーを持たせる演技をした年、HTMではストーリー性は全くないルーティンでしたけど、私はHTMの方が何度も見てしまいます。
もちろんどっちも、それはもう、すんごいですけどね~(笑)
あきこ | URL | 2009/09/19/Sat 23:24 [EDIT]
こんにちは。

いつも、写真のあきこさんの姿が、一つ一つがきちんと絵になっている事に感心し、
しかもうらやましいなと思っていました。
これって、動いている時の、一瞬一瞬がきちんとしている事の証ですから。
そういうバックグラウンドがあったのですね。
納得です。

ティナのあのドレッサージュのHTMは、圧巻でしたよね。
私もあれには見入ってしまいます。
kuro | URL | 2009/09/28/Mon 15:33 [EDIT]
kuroさま
こんにちは!
うらやましいだなんて、恐縮ですっi-201

でも私は犬の方を見すぎでずーっと下を向いてました~
直さなきゃ、と思いましたが、
まずはやっぱり訓練の方ですよね~。
しっかり犬に伝わってれば、私がどこを向いていても
どんな格好していても大丈夫なはずなので、
私の場合は、まずはやっぱりそこからかな、と思っています。

ティナのHTM、
いつか、あんな脚側をしてみたいです。
あきこ | URL | 2009/09/30/Wed 13:55 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://ionno1.blog111.fc2.com/tb.php/701-a506c0ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。